Untitled Document

日産自動車、「第32回 日産 童話と絵本のグランプリ」大賞作品を出版

全国の公立図書館などに出版作品を寄贈

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は、2015年度に実施した「第32回 日産 童話と絵本のグランプリ」の大賞2作品を、BL出版株式会社より出版します。これら2作品は、12月16日より全国の書店で販売されます。

今回出版する童話作品は、童話部門で2,414編の応募作品の中から大賞に選ばれた、愛川 美也さんの作品 『日曜日の小さな大ぼうけん』です。この童話には、同グランプリ第29回絵本部門で大賞を受賞した、みやざき あけ美さんの挿絵を配しました。また、絵本作品は、絵本部門の464編の応募作品の中から大賞に選ばれた、横須賀 香さんの作品 『ちかしつのなかで』です。

 

日産自動車は、「教育への支援」を社会貢献活動の重点分野の一つと定め、さまざまな取り組みを行っています。本グランプリは、同社の社会貢献において長い歴史をもつ中心的な活動であり、「才能ある新進作家の育成」と「子どもたちに良書を届ける」ことを目的に継続してきました。

同社は、優れた童話と絵本を多くの子どもたちに楽しんでもらうため、第1回(1984年)より出版作品を全国の公立図書館等に寄贈しています。今年も日本国内の図書館約3,400館と、同社の事業所近隣の保育園・幼稚園など約700園に寄贈を行う予定です。第1回から寄贈した本は、累計で約20万冊以上にのぼります。

また、2010年度からは、同社の海外事業拠点周辺の日本人学校や日本語補習校へも絵本の寄贈をはじめています。更にポルトガルにおいては、現地事業会社である日産イベリア自動車会社が行政や学校と連携し、2012年より同国内で新たに絵本のコンテストを開始するなど、「子どもと本」の分野における取り組みは海外にも広がっています。

なお、今年度の「第33回 日産 童話と絵本のグランプリ」作品募集は、10月31日をもって終了しました。入賞作品の発表は、2017年3月初旬を予定しています。

●童話の概要
・タイトル:
『日曜日の小さな大ぼうけん』
虫嫌いの小学生の男の子が、日曜に留守番をしていると、一匹のカマキリを家の中で見つけました。そのカマキリを家の外に追い払うまでの奮闘ぶりを描いた作品。

・作者:
愛川 美也
千葉県船橋市在住。会社員として働くかたわら、児童文学作品と演劇作品の創作を続けている。フェリス女学院大学文学部日本文学科卒業。第32回「日産 童話と絵本のグランプリ」童話の部大賞受賞。

・絵の作者
みやざき あけ美
東京都在住。会社員として働くかたわら、親子で楽しめる絵本の制作に取り組む。
『ゆみちゃんは ねぞうのわるいこです』で、第29回「日産 童話と絵本のグランプリ」絵本の部大賞を受賞。

・価格:
1,300円(税別)

 

●絵本の概要
・タイトル:
『ちかしつのなかで』
地下室で探し物をしていた少年が、突然地下室から声をかけられ、外に出られない地下室に外の様子を懸命に伝える少年と地下室のやりとりを、ファンタジーあふれる絵で描き上げた作品。

・作者:
横須賀 香
埼玉県桶川市在住。幼稚園、高校、カルチャー教室などで絵画講師をつとめるかたわら、二人の息子の子育てを経験する中で、絵本の製作に興味を持つ。東京藝術大学日本画科卒業、同大学院絵画科修了。第32回「日産 童話と絵本のグランプリ」絵本の部大賞受賞。

・価格:
1,300円(税別)

 

*ブルーシチズンシップ
ブルーシチズンシップは「人々の生活を豊かに」というビジョンを実現するための、私たち日産の決意です。日産はお客さま、株主、従業員、地域社会を大切に思い、将来にわたって価値ある永続的なモビリティの提供に努めます。事業を通じて経済貢献すると同時に、社会の一員として、持続可能な社会の発展をめざします。

<関連URL>
CSRウェブサイト http://www.nissan-global.com/JP/COMPANY/CSR/
社会貢献の取り組み ウェブサイト http://www.nissan-global.com/JP/CITIZENSHIP/

 

以 上

ページトップへ

関連ドキュメント

161215-02-j.pdf (241 KB)